トレチノイン通販

繰り返すニキビや消えないシミにうんざりしていませんか?
女性の悩みを解消してくれる最強の成分トレチノインが含まれたAレットジェルを通販して美肌を手に入れましょう。

トレチノインとハイドロキノンで乳首の黒ずみを美白

トレチノインとハイドロキノンで乳首の黒ずみを美白

女性のデリケートな悩みの一つとして良く挙げられるのが、乳首の黒ずみに関する悩みです。
色素沈着しやすい部位でもあるため、黒ずんでしまうことは決して恥ずかしいことではないのですが、乳首が黒ずんでいると「遊んでる」「使い込んでいる」など根拠もない疑いをかけられることは事実あります。
そのため、乳首を綺麗な色にしたいと考える女性は多く、乳首の黒ずみを改善するためのアイテムも色々と売られています。
しかしながら、高い効果が得られる商品というのはそう多くはありません。
他の部位にも言えることですが、色素沈着は一度色がついてしまうと元に戻すのは非常に大変なのです。

そこで、トレチノインとハイドロキノンの組み合わせの出番です。
トレチノインとハイドロキノンを併用したケアはシミやソバカスなどの治療にも用いられており美白ケアとして有名です。
このトレチノインとハイドロキノンを使用することで色素沈着で黒ずんでしまった乳首を綺麗な薄ピンク色に戻してあげることができます。
乳首の黒ずみ改善は美容クリニックでも行うことが出来ますが、もちろん担当医に胸を見せなければなりませんし、治療費も高くついてしまうので、「恥ずかしいし…病気でもないのに…」とクリニックに行くのを躊躇してしまう方は少なくありません。
しかし、トレチノインとハイドロキノンを個人輸入(通販)して自分でケアしていけば、誰にも胸を見せることなく、リーズナブルな価格で乳首の黒ずみを改善できます。
美容クリニックに行って乳首の黒ずみケアを行う際も、使用されるのはトレチノインとハイドロキノンなので、通販してケア用品を手に入れてしまえばわざわざクリニックに行く必要は実はないのです。

ひとつ注意して頂きたいのは、本当に乳首の黒ずみをなんとかしたいなら変なコスメは使わないこと!
色素沈着は解消するのが大変、と書きましたが合わないコスメや効果が薄いコスメは色素沈着を悪化させかねません。医薬品であるトレチノインとハイドロキノンを最初から選ぶのが吉です。

では、さっそく実際に乳首の黒ずみを解消するにはどのようにトレチノインとハイドロキノンを使えばいいのでしょうか?実際の治療方法をご紹介していきます。

乳首の黒ずみ解消!トレチノインとハイドロキノンでの治療法

乳首の黒ずみケアに必要なのは以下の3つとなります。

  • トレチノインジェル(商品名は「Aレットジェル」や「レチンA」など)
  • ハイドロキノンクリーム(商品名は「ユークロマプラスクリーム」や「コスメライトクリーム」など)
  • ビタミンC誘導体入りの化粧水

通販サイトで販売されているトレチノインやハイドロキノン配合商品を参考までに記載しました。全てサイトの右側(スマホならページ下部)にあるメニュー下の通販サイトへのリンクから飛べるサイトで販売されている物です。
では、実際の乳首の黒ずみケアの順番などをご紹介!

  1. 乳房全体に高濃度ビタミンC誘導体入りの化粧水を塗ります。
    ビタミンC誘導体入りの化粧水はトレチノインの副作用である赤みなどの炎症を抑え、保湿をしてくれますので出来るだけ使用するようにしましょう。
    乳房全体にビタミンC配合化粧水を塗る
  2. トレチノインを乳首、乳輪に塗ります。
    塗る範囲は乳輪全体よりも少しだけ内側の狭い範囲に塗ってください。乳輪ギリギリまではトレチノインは塗らないでください。塗る量も少量で薄く塗ってください。
    トレチノインを乳輪の少し内側に塗る
  3. ハイドロキノンを乳首、乳輪に塗ります。
    ハイドロキノンは乳輪からはみ出さないようにトレチノインを塗った範囲からは少しはみ出すように塗ります。量もトレチノインよりはハイドロキノンの方を少し多めで塗ってください。
    ハイドロキノンを乳輪からはみ出さないように塗る
  4. 漂白期間は2~8週間を1クールとし、朝と夜1日2回の治療になります。
  5. 炎症を冷ます期間をもうけます。これは漂白期間と同じ期間だけ行ってください。
    乳首の炎症がすっかり治まるまで、1日朝晩2回ビタミンC誘導体入りの化粧水→ハイドロキノンの順で塗っていきます。この間にトレチノインによる赤みや皮剥けを抑え、色素を安定させていきます。
  6. 2~3ヶ月の休薬期間を取ります。
    休薬期間が空けても「黒ずんでいる、まだ満足する色じゃない!」という場合は、休薬期間の後、もう1度1クールの治療を行ってください。

トレチノインは人間の体にも微量に含まれているものなのでアレルギー反応は起こりえませんが、炎症の具合は肌質によるため、使用前のパッチテストをお勧めします。

topへ戻る