トレチノイン通販

繰り返すニキビや消えないシミにうんざりしていませんか?
女性の悩みを解消してくれる最強の成分トレチノインが含まれたAレットジェルを通販して美肌を手に入れましょう。

トレチノインでの赤みはいつまで続く?

トレチノインでの赤みはいつまで続くの?

トレチノインによるケアの時避けられないのが肌に赤みが出ること
治療経過で必ずある程度起きてしまう赤みですが、人によっては本当に真っ赤になるのでいつまでこの状態なのか、と不安になってしまう方も多いでしょう。
そもそも何故トレチノインを使用すると赤みが起きてしまうのでしょう?

トレチノインによる赤みにはいくつかの理由が考えられます。

  • 肌への刺激が強すぎて炎症が起きている
  • ターンオーバー中で皮膚が薄くなり、血管が透けて見えやすくなっている
  • トレチノインの作用により血管が拡張していて見えやすくなっている

炎症については、現在使用しているものより軽い濃度のものを使用すれば解消されます。いきなり0.1%のトレチノインから始めるよりは、0.05%などの濃度からスタートするようにしましょう。
病院に行くと処方されるのは必ずと言っていいほど0.1%のトレチノイン。最初から試すにはハードルが高すぎます。肌の調子に合わせて濃度を変えたり、敏感肌だと言う人は最初から0.05%を選択しましょう。
他の赤みの理由である血管が透けて見えている状態は、肌がターンオーバーを終え正常な状態に戻れば自然と解消されます。

いつまで経っても治らない!という方はもしかしたらケア中の紫外線対策が十分ではなかったケースが考えられます。
トレチノインを塗った肌に紫外線が当たると酸化されて、活性酸素に変化します。活性酸素は、皮脂を過酸化脂質に変化させ、これらは炎症の元となります。赤みがさらに強く出てしまったり、シミが濃くなってしまったりします。
また、トレチノインによって皮膚の赤みが出ている間は、肌のバリア機能が低下しています。肌から水分が逃げやすくなっているので、しっかりと保湿をしましょう。きちんと保湿をしてあげると赤みが引くのが早かったりかゆみが抑えられます。

トレチノインによる赤みが引かない時の対処

トレチノインのケアにより赤みが起こってしまうのはある程度覚悟しなければならないことではありますが、その赤みが引かないと外出時も困るしいつまで続くのか不安ですよね?
ケア中の赤みについては、出かける3~4日前にトレチノインの使用をやめることで、外出日には赤みが殆ど引くことが多いようです。
では、ケアが終わった後でも赤みが引かない場合はどうしたら良いのでしょう。

トレチノインでのケアが終わった後は必ずハイドロキノンを単独で使用し、トレチノインでのケアに掛かった期間と同じだけ塗り続けましょう。
赤みが引かないのはトレチノインによって起きた炎症が皮膚の奥にまだ残っている可能性があります。
ハイドロキノンを使用することにより炎症による黒ずみを予防することが出来るので、トレチノインを使用した範囲より少し広めに薄く広げるように塗ります。
また、それと同時に保湿もしっかりとしましょう。
トレチノインを使った後は古い角質などが剥がれているので肌のバリアがない状態です。それを補うために保湿はとても重要です。

赤みが引かない時はそれ以外にも、トラネキサム酸やビタミンC誘導体サプリ等を用いて体の中から赤みを改善することも出来ます。トラネキサム酸を含んだ薬は市販薬でもありますので、そちらを使用して頂いても構いませんし、このサイトの右側(スマホならページ下部)にあるバナーから通販サイトへ飛び「トラネキサム酸」で検索すると、「パウゼ」という比較的安価なトラネキサム酸配合の医薬品も出てきます。

topへ戻る