トレチノイン通販

繰り返すニキビや消えないシミにうんざりしていませんか?
女性の悩みを解消してくれる最強の成分トレチノインが含まれたAレットジェルを通販して美肌を手に入れましょう。

トレチノインが効かない!トレチノイン濃度と消せないシミ

トレチノインが効かないシミがあるってほんと?

トレチノインはシミやしわ治療、ニキビ跡の治療などに用いられることで有名な、肌トラブルを抱える女性には嬉しい薬ですが、そのトレチノインでも解決しきれないお肌の悩みがあるのです。

トレチノインが効かないと感じる場合、大きく分けて2つの原因があります。
まずひとつはご使用しているトレチノインの濃度です。
一般的に販売されているトレチノインを含む化粧品は非常に低濃度であり、使えば必ず効くと言えるほどのものではありません。
というのも、トレチノインは使用法を間違えると劇薬となりかねないため日本国内で取り扱っていい濃度が決まっているのです。
皮膚科などであれば市販よりも少し高い濃度のものを処方してもらえますが、美容目的の場合は保険適用にならないため、ある程度の出費は覚悟しなければいけません。
肌質は十人十色であるので濃度が薄くてトレチノインが効かないのが原因のひとつです。

トレチノインが効かないシミの種類

二つ目の原因は、そもそもトレチノインが効かないシミ等に対して使用している場合があります。
シミ取りとして有名なトレチノインですが、シミには様々な種類とその原因があり、どんなシミでもトレチノインで消せるわけではありません。
トレチノインでは消えないシミとして有名なのが「老人性色素斑」というシミです。

老人性色素斑はシミの代表格とも言えるもので、老人性とついていますが早い人で20代後半から現れます。通常は40代前後の方から多く表れやすいですが、もともと色白の人や野外でのスポーツやアウトドアを楽しむ人だと20代後半から現れる場合もあります。
円形の輪郭がはっきりとした薄茶色をしているのが特徴で腕や顔に出やすいと言われています。
最初は薄いシミでメイクでも隠せる程度でそこまで気にならないと思われますが、時間が経つとともにどんどん濃くなってくるので顔に出るとかなり目立ちます。

トレチノインを老人性色素斑に使用する場合は薄いシミの頃にケアするのが重要です。
あまりにも濃い老人性色素斑はトレチノインが効かない場合が多くハイドロキノンと併用してもなかなか消えないとされています。
老人性色素斑が濃くなってしまうと、解決策は医療用レーザーしかありません。そちらになると非常に高額で時間もかなりかかってしまいます。

今顔や腕に薄いシミがある方は老人性色素斑を疑い、早めにトレチノインでケアするようにしましょう。薄いシミであればトレチノインは非常に高い効果を発揮し、シミにも大変有効です。

topへ戻る