トレチノイン通販

繰り返すニキビや消えないシミにうんざりしていませんか?
女性の悩みを解消してくれる最強の成分トレチノインが含まれたAレットジェルを通販して美肌を手に入れましょう。

「東大式」トレチノイン療法とは?

東大式トレチノイン療法でピンポイントケア

最近トレチノインに関連して話題になっている「東大式」トレチノイン療法。
あちこちに情報が散見していたのでまとめて見ました。

まず、トレチノインはともかく「東大式」とは何か。
これは東京大学医学部付属病院美容外科が推奨しているトレチノインとハイドロキノンによる治療のことです。費用は保険適用外のため1万円を超えます。指導料と言われる料金を取られることもしばしば。
ちなみに治療で使われるトレチノインとハイドロキノンは通販サイトを見ればわかりますが合わせて3,000円~4,000円程度で購入できます。

「東大式」とついているからには普通のトレチノイン療法とは少々勝手が異なります。
トレチノインとハイドロキノンは美肌や美白を目的として使用することが多いため、殆ど顔全体に塗ることになります。
しかし、トレチノインによって引き起こされる炎症や皮むけなどの副作用が顔全体に出てしまうデメリットがありました。
この点に関しては、トレチノインのピーリング効果によるもので、副作用というよりは効果を受けるとどうしても起きてしまう経過の中のひとつ、と考える方が正しいのですが、それでもやはり顔全体がそんな状態では困る…という方は多いようです。
そこで試して頂きたいのが「東大式」トレチノイン療法です。
東大式ではトレチノインとハイドロキノンを顔全体ではなくピンポイントで患部に使用します。主にシミなど、顔全体ではなく狭い個所で起こる肌の悩みに対して有効です。
今では誰もが無意識にやっているこのピンポイント使用を実は「東大式」というのです。
前述したように、こらちは美容外科で行うと非常に高額となりますため、通販などでトレチノインとハイドロキノンをそれぞれ購入し自分で行った方が格安となります。同じ医薬品ですので効果は変わりません。

では、この「東大式」トレチノイン療法によるシミ治療とはどういう手順で行うのか?簡単にご紹介します。

東大式トレチノインによるシミ治療

「東大式」トレチノインはシミの原因となる表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出す働きがあります。ハイドロキノンは強力な漂白剤で、しみの原因メラニン色素を作らせなくするという働きがあります。
シミにも色々な種類があり、比較的短期間でよくとれるものは日光性色素斑やそばかすなどです。
シミの治療は漂白していく治療期間が約2~6週間、そして炎症を冷ましていく期間が2~6週間となっています。

  1. しっかりと洗顔し肌を清潔にします。
  2. 高濃度ビタミンC誘導体入りの化粧水を顔全体に使用します。
    トレチノインをシミにピンポイントで薄く塗ります。この時、シミの部分からはみ出さないようにします。めん棒などを使って丁寧に塗ると良いでしょう。
  3. 1~2分乾かした後にハイドロキノンを塗ります。こちらは、シミから広くはみ出して塗っても大丈夫です。

治療期間は2ヶ月~3ヶ月必要です。
※トレチノインは、黒いほくろや生まれつきある黒いあざなどには効果がありません。

topへ戻る